関節リウマチの障害年金相談|障害年金相談室

関節リウマチの障害年金相談

関節リウマチの障害年金相談に関するご紹介するページです。

関節リウマチの障害年金相談障害年金相談室

関節リウマチは手足(膝、足首、足の指、肩、肘、手首、手の指等)をはじめ、全身の関節が腫れて痛み、特に手指がこわばったり(朝におこるので朝のこわばりという)、進行すると関節が変形したりする病気で、時間の経過とともに症状が進行していきます。

障害年金の審査では、四肢障害【両上肢、両下肢】の機能制限の程度に応じて等級が決定されます。

手続き上最も重要な診断書障害年金相談室

関節リウマチによる障害年金の審査では、障害の程度を「関節可動域の制限」と「筋力低下」、「日常生活動作における制限」を総合的に考慮にして審査しています。

つまり、関節リウマチの場合、日常生活動作にどれくらい制限があるかにより障害年金が決定がされています。

日常生活動作【上肢については、つまむ、握る、さじで食事をするといった動作や、下肢については立つ、座る、歩くといった動作】を、○、○△、△×、×で評価します。

診断書の作成依頼をする前に、これらの評価についてご自分で実際できるかどうかを確認してみて自分なりに評価をしてみるとよろしいと思います。

障害年金の手続きをするうえで、この日常生活動作にご自分の症状と相違がないかをチェックすることが最も重要です。審査では、記入されていない項目については障害があるとカウントされないことから、審査の結果に対する影響は大きく、不支給になってしまう可能性があります。

歩行の時は常時杖を使用、車椅子の生活を送っていて日常生活の制限を受けているにもかかわらず、本来認定されるべき等級より低く3級と認定されてしまうケースもありますので、必ず確認し、杖を使っていたり車いすを使用している場合は医師に記入してもらいましょう。

チェックする場所としては、立ち上がり、歩行等が杖や車椅子を使用している方は、その使用していない時の状態で記載されているかを確認しましょう。

一肢の障害だけが目立って重いタイプの方は「筋力低下」や「可動域制限」に抜けがないかをチェックするようにしましょう。

等級を左右する病歴・就労状況等申立書障害年金相談室

関節リウマチの障害年金申請手続きでは病歴・就労状況等申立書も重要です。

審査では診断書とともに等級判定の参考とされますので、診断書に書かれていない部分を補うという意味で、ご自分で自覚されている上肢(肩、肘、手首、手の指等)、下肢(膝、足首、足の指等)の制限されてしまっている状態を書いておく必要があります。

過去にさかのぼって請求する方の場合、いつごろからどのような症状が現れ、杖や車いすを使用するようになった時期や状況を説明しておきましょう。

病歴・就労状況等申立書は、実際の症状より低い認定にならないように万全に整備しましょう。

【関節リウマチの障害年金相談】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

関節リウマチの障害年金相談に関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

 

ページTOP

サイトメニュー