がんの障害年金相談|障害年金相談室

がんの障害年金相談

がんの障害年金相談に関するご紹介するページです。

がんによる申請障害年金相談室

『がんで障害年金はもらえるの』というお電話での相談がございますが、子宮がん、乳がん、胃がん、大腸がん、直腸癌、肝臓がん、肺がん、白血病、悪性リンパ腫…など、癌にもいろいろ種類がありますが、すべて障害年金の対象となり、受給できる可能性があります。

しかし、ただ申請すれば障害年金を受給できるわけではない為、事前に準備をし、慎重に手続きを進めていく必要があります。

どの診断書に書いてもらうかを決めましょう障害年金相談室

癌の場合、通常は「その他の障害用という診断書」で申請します。

肝臓がんなど臓器についての様式がある場合、その他の障害用ではなく、「腎疾患・肝疾患・糖尿病用の障害」等の病気専用の診断書で申請した方が症状が伝わりやすい場合があります。

また、抗がん剤治療の副作用で精神(気分障害、幻聴や幻覚、に障害が現れた場合は精神の診断書を合わせて提出し、併合認定の可能性があり、複数の診断書も合わせて申請することが必要になります。

医師はどの診断書様式に記載すればいいかわからず、また認定基準がわからないために、該当しないなどと勝手な判断から診断書を作成しない場合があります。

自分の傷病と違う診断書で申請してしまうと、その障害については評価されなくなりますので、間違わないよう障害年金専門の社会保険労務士に相談する等して、自分の症状に合った診断書を選び医師に作成してもらい、申請するようにしましょう。

診断書に書いてもらう内容障害年金相談室

「その他の障害用」を用いるものとしては、骨腫瘍、子宮がん、乳がん、卵巣がん、膵臓がん、直腸がん、大腸がん、食道がん、胃がん、膀胱がん、悪性リンパ腫、白血病、膵臓がん、肝臓がん…など多種にわたります。

この様式を用いて、癌又はその後遺症によって日常生活がどれだけ制限を受けるかを審査し認定していきます。

がんについて申請する場合、心臓疾患や肢体障害のようにどのような検査の数値や動作の程度に該当すれば等級に該当するという目安がなく、病状を詳しく記載していかなければならず、その病状の重さが伝わるように記載してもらわなければなりません。

おおよその目安

・行動の範囲が概ねベッド周辺に限られている場合は1級
・自力での外出が困難な為、家の中での生活が限度の場合は2級
・労働が軽作業程度に限られている場合は3級

また自覚症状がどれだけあるか、また、どの程度かも重要です。
易疲労感、動悸、息切れ、発熱、関節症状、易感染症、日常どのように過ごしているかなどを医師に伝え、また病気の症状についての検査データ等の他覚所見等など癌による症状をすべて記入してもらう必要があります。

提出前に良く確認を障害年金相談室

医師に作成してもらった診断書に記載されている内容がご自分の症状や生活状況と相違しないか診断書や病歴就労状況等申立書の内容など不備がないように整備してから、提出しましょう。

障害認定基準【悪性新生物(がん)】障害年金相談室

1障害年金相談室

悪性新生物は、全身のほとんどの臓器に発生するため、現れる病状は様々であり、それによる障害も様々である。

2障害年金相談室

悪性新生物の検査には、一般検査の他に、組織診断検査、腫瘍マーカー検査、超音波検査、X線CT検査、MRI検査、血管造影検査、内視鏡検査等がある。

3障害年金相談室

悪性新生物による障害は、次のように区分する。

・悪性新生物そのもの(原発巣、転位巣を含む。)によって生じる局所の障害
・悪性新生物そのもの(原発巣、転位巣を含む。)による全身の衰弱又は機能の障害
・悪性新生物に対する治療の効果として起こる全身衰弱又は機能の障害

4障害年金相談室

悪性新生物による障害の程度を一般状態区分表で示すと次のとおりである。


 
一般状態区分表

区分

一般状態

無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの

軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの。例えば、軽い家事、事務など

歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの

身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となった

もの

身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの

5障害年金相談室

悪性新生物による障害の程度は、基本的には認定基準に掲げられている障害の状態を考慮するものであるが、各等級に相当すると認められるものを一部例示する。


障害の程度

障害の状態

1級

著しい衰弱又は障害のため、一般状態区分表のオに該当するもの

2級

衰弱又は障害のため、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの

3級

著しい全身倦怠のため、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの


6障害年金相談室

悪性新生物そのものによるか又は悪性新生物に対する治療の結果として起こる障害の程度は、各障害の認定要領により認定する。

7障害年金相談室

悪性新生物による障害の程度の認定例は、上記に示したとおりであるが、全身衰弱と機能障害とを区別して考えることは、悪性新生物という疾患の本質から、本来不自然なことが多く、認定に当たっては組織所見とその悪性度、一般検査及び特殊検査、画像診断等の検査成績、転移の有無、病状の経過と治療効果等を参考とし、認定時の具体的な日常生活状況等を把握して、総合的に認定する。

8障害年金相談室

転移性悪性新生物は、原発とされるものと組織上一致するか否か、転移であることを確認できたものは、相当因果関係があるものと認められる。


 

受給事例(がんの障害年金)障害年金相談室

当社で対応させて頂いた、がんの障害年金請求の受給事例をいくつかご紹介いたします。
参考までにご覧ください。

[CASE1]乳がん(全身転移)障害年金相談室

一度ご自分で申請したのですが、診断書作成を医師任せにし、何のチェックもせずに申請したところ、結果は不支給となった。

再度、当所で症状の聞き取り等を行い、病院へご同行して認定基準に沿って診断書を作成していただいて2級となった。
傷病名

乳がん

障害の状態

左乳房に腫瘤が見つかり、乳房切除術を施行。
術後癌細胞は消失したが、新たに胃、肺、脳にて荷が確認され、全身化学療法を開始。頭痛、めまい、けいれんで衰弱した。

日常生活又は労働能力

日常生活は安静を要する

一般労働はできない。

予後

不明

障害の等級

2級15号

その他

事後重傷における請求

障害厚生年金を受給

手続き上のポイント

医師は多くの癌の方を診ており、症状が非常に重い方と比較してしまうことから、軽く書かれてしまうことが多く、主観的な診断をされがちであった。

そこを、日常生活でどのような生活をしているか、どの良ような症状によりどのようなことができないか等を伝え、実際の症状に見合った診断書を作成してもらえるかがポイントであった。

[CASE2]直腸機能障害(肛門がん)障害年金相談室

人工肛門増設術と肛門肝切除術を施行したことで確実に受給したいとご依頼された。
傷病名

肛門がん

障害の状態

人工肛門増設術及び肛門管切除術を施行。
倦怠感、疲労感がある。

日常生活又は労働能力

日常生活は安静を要する
一般労働は困難

予後

不明

障害の等級

2級15号

その他

事後重傷における請求
障害厚生年金を受給

【がんの障害年金相談】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

がんの障害年金相談のお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。
 

ページTOP

サイトメニュー