パーキンソン病の障害年金相談|障害年金相談室

パーキンソン病の障害年金相談

パーキンソン病の障害年金相談に関するご紹介するページです。

はじめに障害年金相談室

パーキンソン病では、主に、振戦、無動、固縮、姿勢反射障害、といった症状がみられます。これらによって、顔の表情の乏しさ、小声、ろれつが回らない、小書字、屈曲姿勢、小股・突進歩行などの運動症状が生じます。しかし、薬の効果によりある程度症状が抑えられているうちは、認定の対象とはなりません。

薬の効果がなくなってきて、日常生活が制限されるようになると障害年金を受給できる可能性があります。

発症時期がわかりにくく、病状の進行が遅く病歴が長くなることから、受診日がいつなのかがわからなかったり、受診記録等の確保が難しくなることがあり、他の肢体障害よりも受給権を得るのは難しいかもしれませんが、パーキンソン病により日常生活上の制限が現れてきている方は申請を考えてみるべきだと思います。

手続きのポイント【診断書】障害年金相談室

審査で認定されるかどうかは、診断書の内容が最も重要です。

とくに診断書の裏面に記入される『日常生活動作の程度』は、等級を決定する重要な項目であり、ご自分の動作の程度と医師の評価に違いがあるかを必ずチェックしましょう。

その為に、診断書作成依頼をする前にご自分で実際日常生活の動作をやってみる等して、ある程度の評価をしてみましょう。

また、医師があまり診断書の作成に慣れていないことから、診断書の不備(評価の相違や記入漏れ)は、障害年金の申請では多くみられます。

診断書に不備がある場合は必ず医師に追記してもらいしましょう。

病歴就労状況等申立書の重要性とは障害年金相談室

病歴就労状況等申立書は、障害年金の審査では、診断書で判断しきれない部分を判断するための補足資料的な意味合いがあります。
この書類は、病気の流れや診断書で記載しきれない部分を書くことで、診断書では伝えきれない部分を説明するための資料と考えていただければと思います。

例えば遡及する請求する場合初診日から1年6月頃の症状についてどのような状態でどのような症状が進行し、いつ頃補助具等を使用するようになったか等を説明することで、判断材料となる場合もあります。

補足的な資料とはいえ、審査では診断書以外でご自分の病状や日常生活能力を自分の言葉で説明する唯一の書類なので、この書類で障害の状態像をきちんと主張していきましょう。
また、病歴状況申立書をきちんと整えることで、実際の症状よりも低い認定になるのを防いでいきましょう。

また、病歴就労状況等申立書のいい加減に記載してしまったことから、不支給や実際の等級より低く認定されているケースが多くみられます。

ですから、とりあえず申請のために、記載事項を埋めるために内容を適当に書いて済ませるのではなく、認定医に自分の障害の状態を理解してもらえるよう丁寧に作成しましょう。

パーキンソン病の認定基準障害年金相談室

等級 障害の程度
1級 1.一上肢及び一下肢の用を全く廃したもの

おおよその目安

2.四肢の機能に相当の機能の障害を残すもの

2級 1.一上肢及び一下肢の機能に相当の機能の障害を残すもの

2.四肢に機能障害を残すもの

3級  一上肢及び一下肢に気の障害を残すもの

2障害年金相談室

肢体の機能の障害の程度は、関節可動域、筋力、巧緻性、速さ、耐久性 を考慮し、日常生活における動作の状態から身体機能を総合的に認定する。 なお、他動可動域による評価が適切ではないもの(例えば、末梢神経損傷 を原因として関節を可動させる筋が弛緩性の麻痺となっているもの)に ついては、筋力、巧緻性、速さ、耐久性を考慮し、日常生活における動作の 状態から身体機能を総合的に認定する。

3障害年金相談室

各等級に相当すると認められるものを一部例示すると次のとおりである。 - 31 - (注) 肢体の機能の障害が両上肢、一上肢、両下肢、一下肢、体幹及び脊柱の 範囲内に限られている場合には、それぞれの認定基準と認定要領によって認定 すること。 なお、肢体の機能の障害が上肢及び下肢の広範囲にわたる場合であって、 上肢と下肢の障害の状態が相違する場合には、障害の重い肢で障害の程度を 判断し、認定すること。

4障害年金相談室

日常生活における動作と身体機能との関連は、厳密に区別することが できないが、おおむね次のとおりである。

ア 手指の機能

 (ア) つまむ(新聞紙が引き抜けない程度)
 (イ) 握る(丸めた週刊誌が引き抜けない程度)
 (ウ) タオルを絞る(水をきれる程度)
 (エ) ひもを結ぶ

イ 上肢の機能

 (ア) さじで食事をする
 (イ) 顔を洗う(顔に手のひらをつける)
 (ウ) 用便の処置をする(ズボンの前のところに手をやる)
 (エ) 用便の処置をする(尻のところに手をやる)
 (オ) 上衣の着脱(かぶりシャツを着て脱ぐ)
 (カ) 上衣の着脱(ワイシャツを着てボタンをとめる)

ウ 下肢の機能

 (ア) 片足で立つ
 (イ) 歩く(屋内)
 (ウ) 歩く(屋外)
 (エ) 立ち上がる
 (オ) 階段を上る
 (カ) 階段を下りる

パーキンソン病による障害年金請求事例障害年金相談室

[CASE]パーキンソン病(不支給後もう一度請求し直した)障害年金相談室

数年前にご自分で請求したところ、障害認定日及び現症とも不支給となった。
 
障害認定日及び請求当時の診断書に握力や、杖の使用状況、off時の状況等当時の症状の多くが記載されておらず、不支給の決定となった。
 
事後重症請求でも認められればと、当所へご依頼いただいた。

 

傷病名 パーキンソン病
障害の状態 (障害認定日時点の状態)

  • 起立するときは、他人の介助がなければできな
  • 歩行は非常に困難の為、on時は杖、off時は車椅子
  • 手が震える
  • 握力は左手3㎏、右手4㎏
  • シャツのボタンを留めることができない
  • 動きが全体的に遅い
  • off時は全く動けなくなってしまう
日常生活又は労働能力 日常生活能力が低く、労働能力はなし
予後 よくなる見込みはない
障害の等級 1級11号
その他 認定日にさかのぼっての請求
障害厚生年金を受給
手続き上のポイント カルテを確認し、認定日時点と請求日のデーターをもとに詳しく診断書を作成してもらい再請求をした。

【パーキンソン病の障害年金相談】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

パーキンソン病の障害年金相談に関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。
 

ページTOP

サイトメニュー