てんかんの障害年金相談|障害年金相談室

てんかんの障害年金相談

てんかんの障害年金相談に関するご紹介するページです。

てんかんによる障害年金相談障害年金相談室

突然起こるてんかん発作により、日常生活が大きく制限されている方は多くいらっしゃると思います。

てんかんによる障害年金の手続きは制度が複雑であるため、なかなか受給できてない方が多くいらっしゃると思います。

当所では、これまで、てんかんによる障害年金請求で、過去にさかのぼっての手続きを中心に社会的治癒など多く行ってきました。

このページでは、てんかんによる障害年金請求事例等を基にてんかんによる障害年金手続きのポイントをお伝えしたいと思います。

対象となる症状(てんかんの障害年金) 障害年金相談室

障害年金の対象になるのは次の2タイプに分かれます。

①難治性てんかん障害年金相談室

投薬によって症状が抑えられないもの。薬を飲んでも発作が生じてしまうことから労働や日常生活が制限されている人に対し、てんかん発作の頻度に応じて、1級~3級の障害年金が支給されます。

②てんかん性精神病障害年金相談室

てんかん発作は治まったが、その後、被害妄想や抑うつ気分といった症状が出現もの。

てんかん性精神病の場合は、発作はなくても、精神症状による労働や日常生活の制限の程度に応じて、1級~3級の障害年金が支給されます。

障害認定基準(てんかんの障害年金)障害年金相談室

てんかんについては、次のとおり認定する。

障害の程度

障害の状態

1級

十分な治療にかかわらず、てんかん性発作のA又はBが月に1回以上あり、かつ、常時の介護が必要なもの。

2級

十分な治療にかかわらず、てんかん性発作のA又はBが年に2回以上、もしくは、C又はDが月に1回以上あり、かつ、日常生活が著しい制限を受けるもの。

3級

十分な治療にかかわらず、てんかん性発作のA又はBが年に2回未満、もしくは、C又はDが月に1回未満あり、かつ、労働が制限を受けるもの。

(注1)発作のタイプは以下の通り

A:意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す発作
B:意識障害の有無を問わず、転倒する発作
C:意識を失い、行為が途絶するが、倒れない発作
D:意識障害はないが、随意運動が失われる発作

(注2)てんかんは、発作と精神神経症状及び認知障害が相まって出現することに留意が必要
精神神経症状及び認知障害については、「器質性精神障害」に準じて認定すること。

1障害年金相談室

てんかん発作は、部分発作、全般発作、未分類てんかん発作などに分類されるが、具体的に出現する臨床症状は多彩である。

また、発作頻度に関しても、薬物療法によって完全に消失するものから、難治性てんかんと呼ばれる発作の抑制できないものまで様々である。
さらに、てんかん発作は、その重症度や発作頻度以外に、発作間欠期においても、それに起因する様々な程度の精神神経症状や認知障害などが、稀ならず出現することに留意する必要がある。

2障害年金相談室

てんかんの認定に当たっては、その発作の重症度(意識障害の有無、生命の危険性や社会生活での危険性の有無など)や発作頻度に加え、発作間欠期の精神神経症状や認知障害の結果、日常生活動作がどの程度損なわれ、そのためにどのような社会的不利益を被っているのかという、社会的活動能力の損減を重視した観点から認定する。

様々なタイプのてんかん発作が出現し、発作間欠期に精神神経症状や認知障害を有する場合には、治療及び病状の経過、日常生活状況等によっては、さらに上位等級に認定する。

3障害年金相談室

てんかん発作については、抗てんかん薬の服用や、外科的治療によって抑制される場合にあっては、原則として認定の対象にならない。
 
 
 

受給事例(てんかんの障害年金)障害年金相談室

当社で対応させて頂いた、てんかんの障害年金請求の受給事例をいくつかご紹介いたします。
参考までにご覧ください。

[CASE1]てんかん(遡及請求)障害年金相談室

発病から20年後の申請。

初診日の証明(受信状況等証明書)は取れたものの、認定日当時のカルテは残っていなかった。

しかし、認定日当時について当時会社に提出した書類等を基に診断書を作成してもらい、認定日請求が認められた。
傷病名

てんかん

障害の状態

社会人になり、突然意識を失う発作が起き、救急搬送された。
その後、週に数回、小発作、月に1回大発作起こっていた。
突然発作が送る為、一人で外出することや入浴ができない等、日常生活を送る上で妻の援助が必要な状態となった。

その後、発作の頻度は少なくなったが、イライラ、落ち込み等の精神症状、記憶障害等が現れ、日常的に家族の援助が必要な状態。

日常生活又は労働能力

日常生活能力が低く、労働は非常に困難な状態

予後

よくなる見込みはない

障害の等級

2級16号

その他

障害認定日における請求
障害厚生年金を受給

手続き上のポイント

認定日当時のカルテが残っていないということから、認定日当時の客観的証拠を集めることとその当時から、症状が継続しているかを伝えることがポイント。障害厚生年金が過去にさかのぼって認められた。

[CASE2]難治性てんかん障害年金相談室

社会的治癒により認定日請求が認められた事例

発病から25年後の申請。

突然意識を失う発作が起こり、A病院を受診。てんかんと診断され抗てんかん薬による治療を開始した。その後1年程度で発作が現れなくなり、10年程度発作が起こらなかった。

経過観察のため、年1回通院をしていた。

再度意識を失う発作が現れ受診を開始し抗てんかん薬の治療を開始した。

初めて受診したとき全く年金保険料を納めておらず、保険料納付要件を満たしていなかったことと過去にさかのぼっての請求をするために社会的治癒による請求を試みた。

再び意識を失った後に受診した日を初診日として障害年金請求をし、認定日請求が認められた。
傷病名

難治性てんかん

障害の状態

突然意識を失う発作が月に数回の大発作起こっていた。
突然発作が送る為、一人で外出することや入浴ができない等、日常生活を送る上で夫の援助が必要な状態。

日常生活能力の程度

(3)

日常生活の判定(平均)

2.5以上3未満

日常生活又は労働能力

日常生活能力は妻の援助を要し、労働能力は極めて低い

予後

大幅な改善は難しい

障害の等級

2級16号

その他

障害認定日における請求
障害基礎年金を受給

手続き上のポイント

当時のカルテを入手し、寛解状態であるといううことがわかり、10年以上寛解状態であることを医学的に証明してもらい、申請したことで社会的治癒が認められた。

精神症状は顕著に表れておらず、発作による日常生活の影響を病歴就労状況等証明書で記載したことで、障害等級2級となった。

[CASE3]てんかん及びてんかん性精神病(遡及請求)障害年金相談室

発病30年後の申請。

9歳の時に意識を失う発作が現れ、受診を開始。

そのご発作は治まったが、気分の落込みやイライラ等の精神症状、記憶記憶障害が現れていた。28歳ごろから、意識を失わないが、随意運動が失われる発作が現れ、徐々に頻度も増えていった為に請求した。
傷病名

てんかん

障害の状態

幼少期から、症状が現れていた
月にに数回、小発作起こっている

妄想、幻覚が現れていた
突然発作が送る為、一人で外出することや入浴ができない等、日常生活上家族の援助が必要

日常生活又は労働能力

日常生活能力が低く、労働は非常に困難な状態

予後

よくなる見込みはない

障害の等級

2級16号

その他

障害認定日における請求
障害基礎年金を受給

手続き上のポイント

主治医の診断はてんかんであったが、20歳当時は、全く発作が起きなかったため、20歳当時のカルテを開示していただき、当時妄想、幻覚等の精神症状が現れていたことがわかった。

てんかん性精神病等の診断をしていただけ、過去にさかのぼり障害基礎年金が支給された。

【てんかんの障害年金相談】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

てんかんの障害年金相談に関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。
 

ページTOP

サイトメニュー