障害年金は、どんな人がどんな場合に受給できますか?|障害年金の相談|更新、うつ病、統合失調症、てんかん、精神遅滞、白血病、がん、脳腫瘍、パーキンソン病|東京、練馬、中野、板橋、杉並

障害年金は、どんな人がどんな場合に受給できますか?

自分や家族が、現役世代である20歳以上65歳未満にあって、病気やケガのために長期間働けなかったり、休職・復職を繰り返していたり、そんな状態が続いているとしたら、障害年金を受給できる可能性はあります。

障害年金って病気で働けない時に受給できるのか……。障害年金相談室

でも、自分でも受給できるの?該当するの?
どんな人がどんな時に障害年金を受給できるのか、なんかイメージがつかめない。だれに聞けばいいのだろう。
いきなり年金事務所で聞くのも怖いし……職員の人に「あなたは受給できません」なんて言われたりして……一生、立ち直れない。

障害年金は、「特別な状況の人」が「特別に受け取れる年金」ではありません。
今まで年金保険料を納付していた方(または免除の手続きをしていた方、20歳前から受診していた方)で、病気やケガによる障害の程度が、障害認定日または裁定請求日に、障害の等級に該当していれば、障害年金は受給できます。
年金は請求して初めて受給権が発生するため、何も手続きをしないと受給することはできません。まずは、手続きをすること(=裁定請求をすること)が第一歩です。

【3つの受給要件】障害年金相談室

1 初診日に被保険者であること(年齢要件)
2 障害認定日または裁定請求日に、障害の程度が等級に該当すること(障害の程度要件)
3 保険料の納付要件を満たしていること(保険料の納付要件)
 
障害年金を受給するためには、3つの受給要件すべてを満たしている必要があります。
3つの受給要件を具体的にわかりやすく説明は以下の通りです。
 
 

ページTOP

サイトメニュー