身体障害者手帳とは|障害年金相談室

身体障害者手帳とは

身体障害者手帳に関するご紹介するページです。

身体障害者手帳とは障害年金相談室

身体障害者手帳とは身体障害者が健常者と同等の生活を送るために最低限必要な援助を受けるための、いわば証明書です。

 

補装具、更生医療の給付、施設への入所等身体障害者福祉法に定める各種の福祉サービスを受ける場合はもちろん、税の減免、旅客鉄道株式会社運賃の割引等の措置はすべて身体障害者手帳を所持することが前提とされており、障害の程度によって1級から6級まで区分されています。

<対象者>障害年金相談室

1.視覚障害
 
2.聴覚・平衡機能障害
 
3.音声・言語・そしゃく機能障害
 
4.肢体不自由
 
5.心臓
 
6.腎臓
 
7.呼吸器
 
8.膀胱
 
9.直腸
 
10.小腸
 
11.免疫機能障害
 
 

<手帳の活用>障害年金相談室

次の各種サービスを受けることができます。
 
・診査・更生相談
 
・補装具の交付
 
・ホームヘルプサービス
 
・ショートステイ
 
・デイサービス
 
・日常生活用具の給付
 
・更生医療
 
・更生訓練費
 
・国税、地方税の諸控除及び減免
 
・旅客鉄道株式会社等の旅客運賃の割引等
 
・公営住宅の優先入居 等
 
 

<手続>障害年金相談室

各市町村役場の障害福祉の窓口(障害福祉課、高齢障害福祉課、保健福祉センター等)に指定医師の診断書を添えて申請してください。
 
 

【身体障害者手帳とは】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

身体障害者手帳とはに関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

ページTOP

サイトメニュー