障害認定日【原則】|障害年金相談室

障害認定日【原則】

障害認定日【原則】に関するご紹介するページです。

障害認定日【原則】障害年金相談室

障害認定日とは、障害年金が受けられる程度の障害かどうかを判断する場合、その障害の程度を決めるべき日をいいます。

 

原則

1.

初診日から起算して1年6月を経過した日

 

2.

1年6月を経過する日前に治ったときは、その日

 

 

1年6月を経過する日前に治った状態とは?

1.

器質的欠損もしくは変形または機能障害を残している場合には、医学的に傷病が治ったとき。

 

2.

症状が安定し、長期にわたってその疾病の固定性が認められ、医療効果が期待し得ない状態で、かつ、残存する症状が自然経過により到達すると認められる最終の状態(症状固定)に達したとき。

 

【障害認定日【原則】】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

障害認定日【原則】に関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

ページTOP

サイトメニュー