身体障害者手帳の等級と国民年金・厚生年金保険の障害等級の違い|障害年金相談室

身体障害者手帳の等級と国民年金・厚生年金保険の障害等級の違い

身体障害者手帳の等級と国民年金・厚生年金保険の障害等級の違いに関するご紹介するページです。

身体障害者手帳の等級と国民年金・厚生年金保険の障害等級の違い障害年金相談室

身体障害者手帳の等級と国民年金・厚生年金保険の障害等級は違います。

【身体障害者手帳の等級が3級だからといって、年金はもらえない】と諦めないで下さい。

 

例外はありますが、目安として、身体障害者福祉法に基づく身体障害者手帳の2級又は3級は、年金の3級に、また身体障害者手帳の4級は年金の3級にあたります。

 

障害者手帳では低い等級でも年金が受給できる可能性があります。
実際に手続きをした中で、手帳が3級であったが、障害年金の等級が2級という人はたくさんいます。

 

《ご注意を》
心臓疾患の場合は身体障害者手帳の等級は参考になりません。ペースメーカーなども身障者手帳の等級は1級になっていますが、年金では原則障害等級3級です。

 

 

【身体障害者手帳の等級と国民年金・厚生年金保険の障害等級の違い】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

身体障害者手帳の等級と国民年金・厚生年金保険の障害等級の違いに関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

ページTOP

サイトメニュー