障害年金請求事例【直腸がん】|障害年金相談室

障害年金請求事例【直腸がん】

直腸がんの受給事例障害年金相談室

直腸がん:健康診断によりがんを発見し、請求した事例。障害年金相談室

健康診断により、がんであることがわかり、健康診断日を初診日として障害年金を請求した。

 傷病名 直腸がん
障害の状態 直腸癌に対し直腸切除術と人工肛門造設術施行。

 

倦怠感、疲労感があり、身体衰弱が激しい。

日常生活又は労働能力 日常生活は安静を要する

 

抗がん剤治療による副作用のため、一日の多くは横になっている状態

 

一般労働は困難

予後 不明
障害の等級 2級15号
その他 事後重症による請求

障害厚生年金支給決定

代行の理由 以前、当所に依頼していただいた方からの紹介で代行を依頼された。

ページTOP

サイトメニュー