障害年金受給事例【乳がん】|障害年金相談室

障害年金受給事例【乳がん】

乳がんの受給事例障害年金相談室

乳がん検診で、異常が見つかり、乳がん検診の日を初診として申請したケース障害年金相談室

乳がんが、胃、骨などに転移。歩行することが困難で、痛み、倦怠感などから明らかに行動が制限されていた為に申請をして、障害厚生年金2級に認定された。

 傷病名 乳がん
初診証明 がん検診の結果票
障害の状態 左乳房に腫瘤に対し乳房切除術を施行

術後、抗がん剤の投与と放射線療法実施を
行っていたが、胃、骨に転移が判明。

歩行は杖が必要

めまい、両手のしびれ、呼吸困難、全身倦怠感あり

日常生活活動能力

 

労働能力

日常生活は安静を要する

 

労働不能

予後 不明
障害の等級 2級15号
その他 障害認定日請求をおこなった

障害厚生年金を受給

代行の理由 胃や骨に転移した為、全身に倦怠感が強く、行動が制限されてしまう為、独りでは申請できない為に当所に依頼。

ページTOP

サイトメニュー