障害年金受給事例【筋ジストロフィー】|障害年金相談室

障害年金受給事例【筋ジストロフィー】

筋ジストロフィーの受給事例障害年金相談室

筋ジストロフィー障害年金相談室

【例1】:病院へご同行し、遡及請求を目指して申請したケース
筋ジストロフィーによる四肢障害で、7年前より歩行が非常に困難な状態になっていた。介護がなければ生活できない為、確実に障害年金が受給できるよう、医師に症状を細かく伝えを診断書を作成してもらい、申請した。

傷病名 筋ジストロフィー
障害の状態 下肢の運動筋力は、著減。

歩行不可の為、移動は車椅子。

腕があがらず日常生活に制限あり。

日常生活又は労働能力 日常生活は他人の介助が必要であり、労働能力に欠ける
予後 不良
障害の等級 1級11号
その他 障害認定日における請求

障害基礎年金を受給

代行の理由 知人からの紹介により当所に代行を依頼

ページTOP

サイトメニュー