障害年金請求事例【双極性障害】|障害年金相談室

障害年金請求事例【双極性障害】

双極性障害の受給事例障害年金相談室

双極性感情障害障害年金相談室

初診から10年が過ぎ、初診の病院で、カルテが残っていなかったことから、客観的資料により初診日が認められ、遡及して障害厚生年金2級に認定された。

傷病名 双極性感情障害
初診の証明 客観的資料
障害の状態 抑うつ状態【刺激性、興奮、憂うつ気分、自殺企図、希死念慮】、そう状態【易怒性・被刺激性亢進】が認められた。
希死念慮が強く現れ、大量服薬をしていまった。その為に入院療養。
金銭の浪費
興奮しやすく、他人に対し攻撃的になる。
日常生活上家族等の援助が必要
日常生活又は労働能力 日常生活能力が低く、労働能力に欠ける
予後 不良
障害の等級 2級16号
その他 カルテが残っていない為初診の証明がとれないことと、医師が診断書を書いてくれない為に、当所に依頼。

ページTOP

サイトメニュー