障害年金受給事例【神経症】|障害年金相談室

障害年金受給事例【神経症】

神経症の受給事例障害年金相談室

疼痛性障害障害年金相談室

傷病名 疼痛性障害
障害の状態 思考・運動抑止、憂うつ気分、希死念慮が認められた。めまい、悪寒等が現れていた。痛みがひどい時は不眠、拒食状態、入浴ができない、念田霧の状態で、日常生活上家族の援助が必要な状態。
日常生活又は労働能力 痛みがひどい時は日常生活は家族の介助が必要な状態。

労働は困難。

予後 不明
障害の等級 2級16号
その他 事後重症における請求
障害厚生年金を受給
審査請求で3級から2級に変更

ページTOP

サイトメニュー