障害年金受給事例【糖尿病性腎症】|障害年金相談室

障害年金受給事例【糖尿病性腎症】

糖尿病性腎症の受給事例障害年金相談室

腎疾患の障害障害年金相談室

傷病名 糖尿病性腎症
障害の状態 人間ドックにより、糖尿病と診断。貧血、全身倦怠感、浮腫、発熱あり。インスリン療法と食事療法により治療をしていた。腎不全状態になり、週3回の人工透析を施行。
日常生活又は労働能力 日常は安静を要する。労働は不可。
予後 不良
障害の等級 2級15号
その他 事後重症における請求

障害厚生年金を受給

ページTOP

サイトメニュー