障害年金受給事例【脳血栓症】|障害年金相談室

障害年金受給事例【脳血栓症】

脳血栓症の受給事例障害年金相談室

脳血栓症障害年金相談室

傷病名 脳血栓症
障害の状態 脳の血管が細くなり、血管に血栓が詰まり麻痺が現れた。左上肢及び下肢の麻痺により、左上肢による行動が非常に困難。

歩行も非常に困難で、階段の上がり下りは誰かの支えがないと困難。

日常生活又は労働能力 労働は座り作業
予後 よくなる見込みはない
障害の等級 2級15号
その他 事後重症における請求
障害厚生年金年金を受給

ページTOP

サイトメニュー