障害年金受給事例【情緒不安定性人格障害】|障害年金相談室

障害年金受給事例【情緒不安定性人格障害】

情緒不安定性人格障害の受給事例障害年金相談室

傷病名 情緒不安定性人格障害
障害の状態 抑うつ状態、不安感、広場恐怖、衝動行為が認められた。

混雑している場所や、乗物に乗ったりすることに恐怖を感じるため外出することが困難

衝動的行為や自傷行為あり

家族以外の人と話すことが困難

日常生活上家族等の援助が必要

予後 よくなる見込みはない
障害の等級 2級16号
その他 障害基礎年金を更新時に支給停止審査請求により支給再開

ページTOP

サイトメニュー