障害年金受給事例【気分変調症】|障害年金相談室

障害年金受給事例【気分変調症】

気分変調症の受給事例障害年金相談室

医師に障害年金の診断書の作成を依頼したが、出来上がった診断書の内容が全く自分の症状と違っていた為、ご同行して医師に症状を伝え診断書を作成してもらい申請した。

傷病名 気分変調症
障害の状態 思考・運動抑止、憂うつ気分、希死念慮が認められた。

常に不安が強く現れ、不眠に悩まされている。

日常生活上妻の援助が必要

日常生活又は労働能力 日常生活能力が低く、労働力は乏しい
予後 不明
障害の等級 2級16号
その他 事後重傷における請求障害厚生年金を受給
代行の理由 出来上がった診断書がご自分の症状と違った為に、症状を伝えてもらいたいということと、病歴就労状況申立書の作成に自信がないということから当所に依頼された。

ページTOP

サイトメニュー