血液・造血器疾患による障害|障害年金相談室

血液・造血器疾患による障害

血液・造血器疾患による障害に関するご紹介するページです。

血液・造血器疾患による障害障害年金相談室

一般状態区分表でどれに該当されるかをチェック障害年金相談室

ア.無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの

イ.軽度の症状があり、肉体活動は制限を受けるが、歩行、軽作業や座業はできるもの。

例えば、軽い家事、事務など。

ウ.歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働は

できないが、日中の50%以上は起居しているもの。

エ.身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は

就床しており、自力で屋外への外出等がほぼ不可能になったもの。

オ.身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲が

おおむねベッド周辺に限られるもの。

自覚症状ををチェックしてください。障害年金相談室

疲労感 ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

動悸 ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

息切れ ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

発 熱 ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

関節症状 ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

易感染症 ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

他覚所見わかる範囲でチェックしてください。障害年金相談室

リンパ節腫脹 ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

出血傾向 ( 無 ・有 ・ 著しい )

紫 斑 ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

肝 腫 ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

脾 腫 ( 無 ・ 有 ・ 著しい )

【血液・造血器疾患による障害】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

血液・造血器疾患による障害に関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

ページTOP

サイトメニュー