心疾患による障害【受給可能性】|障害年金相談室

心疾患による障害【受給可能性】

心疾患による障害【受給可能性】に関するご紹介するページです。

心疾患による障害【受給可能性】障害年金相談室

障害年金受給可能性 【心疾患による障害】

【メールによる無料相談】

障害年金受給可能性についての相談の方は、以下の設問にお答えいただき、設問フォーム、または、FAXを送信してください。

受給の可能性について回答させていただきます。

受給可能性はあくまでも目安とお考えください。どうぞご了承ください。

<自覚症状>

動悸 (無・有・著)

呼吸困難(無・有・著)

息切れ(無・有・著)

胸痛(無・有・著)

咳(無・有・著)

痰(無・有・著)

失神(無・有)

<他覚所見>

チアノーゼ (無・有・著)

浮腫 (無・有・著)

頚静脈怒張 (無・有)

ばち状指 (無・有)

尿量減少 (無・有)

器質的雑音 (無・有) (Levine 度)

<検査所見で該当する項目を選択してください。>

ア.LevineⅢ度以上の器質的雑音が認められるもの

イ.心胸郭上比60%以上のもの

ウ.胸部X線所見で、肺野に明らかなうっ血像のあるもの

エ.心電図で、陳旧性心筋梗塞所見があり、かつ、今日まで狭心症状を有するもの

オ.心電図で、馳独覿見があり、かつ、基礎疾患を有するもの

カ.心電図で、完全房室ブロック(第Ⅲ度房室ブロック)所見又は第Ⅱ度(MobitzII型)

房室ブロック所見のあるもの

キ.安静時心電図で、0.2mV以上のSTの低下があるもの、若しくは、深い陰性T波の

所見のあるもの

ク.負荷心電図で、明らかな陽性所見のあるもの

ケ.難治性の不整脈のあるもの

コ.左室駆出率(EF)が50%以下のもの

サ.冠れん縮を証明されたもの

シ.心臓ペースメーカーを装着したもの

ス.人工弁を装着したもの

<一般状態区分表は次のア~オのどの区分に該当されますか>

ア.無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等に ふるまえるもの

イ.軽度の症状があり、肉体活動は制限を受けるが、歩行、軽作業や座業はできるもの。

例えば、軽い家事、事務など

ウ.歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はでき

ないが、日中の50%以上は起居しているもの。

エ.身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は

就床しており、自力で屋外への外出等がほぼ不可能になったもの

オ.身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲が

おおむねベッド周辺に限られるもの。

身体障害者手帳を受けておられる場合は手帳の等級( 級)

交付された日 昭和・平成 年 月 日 交付

【心疾患による障害【受給可能性】】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

心疾患による障害【受給可能性】に関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

ページTOP

サイトメニュー