身体者障害者手帳の等級と障害年金の等級|障害年金相談室

身体者障害者手帳の等級と障害年金の等級

身体者障害者手帳の等級と障害年金の等級に関する【Q&A】ページで

身体者障害者手帳の等級と障害年金の等級障害年金相談室

Q障害年金相談室

現在、心臓にペースメーカーを装着して、身体障害者手帳の等級は1級なのですが、障害年金を請求した場合、障害等級1級になりますよね?

A障害年金相談室

障害年金と身体障害者手帳との障害等級の認定基準は異なりますので、身体障害者手帳が1級であるからといって、障害年金も1級になるとは限りません。
 
心臓ペースメーカー装着の場合、原則3級なので、術後の経過及び予後、原疾患の性質(臨床所見、検査数値、日常生活能力)などにより総合的に判断して、上位等級になることもあります。
 
ですから、必ずしも1級になるわけではありません。
 
 

身体障害者手帳を持ってれば障害年金請求に有利?障害年金相談室

Q障害年金相談室

身体障害者手帳の3級以上のを持っていると障害年金の請求に有利と聞いたのですが。

A障害年金相談室

障害年金と身体障害者手帳との障害等級の認定基準は違うので、身障手帳を交付されたからといって必ずしも審査が有利となる限りません。
 
 

【身体者障害者手帳の等級と障害年金の等級】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

身体者障害者手帳の等級と障害年金の等級に関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

ページTOP

サイトメニュー