特定疾患|障害年金相談室

特定疾患

特定疾患に関するご紹介するページです。に関するご紹介するページです。

特定疾患障害年金相談室

特定疾患とは、原因が不明で、治療方法が確立していない、いわゆる難病のうち、厚生労働省が定める疾患です。

対象疾患は、現在、次の45疾患です。

1.ベーチェット病

2.多発性硬化症

3.重症筋無力症

4.全身性エリトマトーデス

5.スモン

6.再生不良性貧血

7.サルコイドーシス

8.筋萎縮性側索硬化症

9.強皮症・皮膚筋炎及び多発性筋炎

10.特発性血小板減少性紫斑病

11.結節性動脈周囲炎

12.潰瘍性大腸炎

13.大動脈炎症候群

14.ビュルガー病

15.天疱瘡

16.クローン病

17.脊髄小脳変性症

18.難治性の肝炎のうち劇症肝炎

19.悪性関節リウマチ

20.パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病)

21.アミロイドーシス

22.後縦靭帯骨化症

23.ハンチントン病

24.モヤモヤ病(ウイリス動脈輪閉塞症)

25.ウェゲナー肉芽腫症

26.特発性拡張型(うっ血型)心筋症

27.多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群)

28.表皮水疱症

29.膿疱性乾癬

30.広範脊柱管狭窄症

31.原発性胆汁性肝硬変

32.重症急性膵炎

33.特発性大腿骨頭壊死症

34.混合性結合組織病

35.原発性免疫不全症候群

36.特発性間質性肺炎

37.網膜色素変性症

38.プリオン病

39.原発性肺高血圧症

40.神経線維腫症

41.亜急性硬化性全脳炎

42.バッド・キアリ症候群

43.特発性慢性肺血栓塞栓症

44.ライソゾーム病(ファブリー(Fabry)病含む)

45.副腎白質ジストロフィー

46.特定疾患に罹患し、一定の認定基準を満たされた人は、その治療にかかる医療費の一部について公費負担され
47.ます。一部負担なしの認定を受けられた重症患者さんには自己負担はありません。

手続は、最寄の保健所、福祉保健センター、保健福祉事務所等にて行うことができます。

ご相談・お申込みはこちら

【特定疾患】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

特定疾患に関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

ページTOP

サイトメニュー