起因する疾病 疾病間の因果関係|障害年金相談室

起因する疾病 疾病間の因果関係

起因する疾病 疾病間の因果関係に関するご紹介するページです。

起因する疾病 疾病間の因果関係障害年金相談室

起因する疾病とは、前の疾病又は負傷がなかったならば、後の疾病や負傷は起こらなかったであろうというように、前の疾病との間に相当因果関係があると認められるものをといいます。

[因果関係あり]となるケース障害年金相談室

1.糸球体腎炎(ネフローゼを含む)、多発性のう胞腎、腎孟腎炎→その後、慢性腎不全
 
2.糖尿病→その後、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害、糖尿病性動脈閉塞症等
 
3.肝炎→その後、肝硬変、肝臓癌
 
4.結核の化学療法→副作用として聴力障害
 
5.手術等による輸血→肝灸の併発
 
6.ステロイドの投薬→副作用で大腿骨頭無腐性壊死
 
7.事故または脳血管疾患による精神障害
 
8.肺疾患の手術→その後、呼吸不全を生じたもの
 
 

[因果関係なし]となるケース障害年金相談室

1.高血圧→その後、脳内出血または脳梗塞
 
2.近視→その後、黄班部変性、網膜剥離または視神経萎縮
 
 

【起因する疾病 疾病間の因果関係】について

植竹社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

起因する疾病 疾病間の因果関係に関するお問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

お電話でのご連絡は以下の番号までお願いします。

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

※メールは24時間受付中

 

障害年金手続代行のお申込みはこちら

 

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来10年以上の実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

ページTOP

サイトメニュー